拭き漆工房うたせ
拭き漆工房うたせについて

オイルフィニッシュ2種

2013年03月02日 | 工房日記, 日記 | Comment(0)

2013/03/02

 

今日のタイトルは、語呂がいいのでオイルフィニッシュのあとに2種とつけました。

 

まず時系列的に、今日のやったことから。9:00~11:00早朝テニス→11:00~12:30例の反省会→13:00~14:00バタンキューでお昼寝。(ここまで画像なしです。分かりますよね^^/)

 

午後3時~5時までACM金土クラブの受付当番です。受付当番をしながら、オイルフィニッシュのテストをやってみました。素材は、先日100円ショップで調達した箱物。使ったオイルは、チークオイルとオイルステイン(エボニー)です。

 

100円ショップ物といっても侮れません。パット見、良くできているし、仕上げが雑な点を除けば、このままでも十分です。

まずもう一度、丁寧にサンディングをします。

 

 

 

 

この二つには、エボニーを塗ってみました。拭き漆と同じように塗ったあと、タイミングを見て拭き取ります。画像では分からないかもしれませんが、接着剤がはみ出ているところは、オイルがしみ込みません。この辺が、100円ショップ物の難点です。

 

でも、白木のままよりも、面白みが出てきました。この上から、アンティークオイルを塗れば、

もっと、クラシカルな感じになります。

 

 

杉材のフォトフレームには、チークオイルを塗りました。こちらはオーソドックスな柔らかい感じに仕上がりました。オイルフィニッシュ2種のうち、春休みのワークショップでどちらを採用するか?思案六法です。

 

 

本日の成果です。真ん中の画像は、昨日4回目の上塗りをした栃材のサラダボウルです。栃材と言えば、工房仲間のYさんの最新作、栃杢を使ったウクレレを紹介します。Yさんとは、一度、拭き漆でウレタンを作ってみよう!と話を進めています。

 

 


ホーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>