拭き漆工房うたせ
拭き漆工房うたせについて

サンプル ( その1)

2013年02月28日 | 工房日記, 日記 | Comment(0)

2013/02/28

 

2月は今日、28日まで。あっという間に3月です。

 

本日で大規模修繕工事は完全に終了です。天気も良いことだし、長らくカバーをかけて保管してあったベランダへの足場台を引っ張り出しました。ガタガタです。

とりあえず、元の位置へ置いて、再利用するか廃棄するかもうしばらく考えます。

 

 

3/30(土)のワークショップまで、カウントダウンが始まりました。3月度は私の担当なんです。私のジャンルと言えば漆なんですが、子供たちにストレートに触ってもらうわけにはいきません。そこで、同じ拭き物のオイルフィニッシュでなにかを、ずっと考えていました。

 

サンプル、その1です。出来合いの杉材の額縁材を使って、フォトフレームに変身させます。

まずサンディングからオイルフィニッシュまで。オイルはワシンのウッドオイル(エボニー)を使ってみました。

 

次に裏側の写真が入るカード入れを仮置きして位置を決めて鉛筆でけがきます。あわせて、カード入れをホールドする塩ビ・レールの寸法を決めてカットします。

 

 

位置関係を確認してから、塩ビ・レールに速乾ボンドをぬって貼り付けます。

 

 

速乾と言っても、しばらく時間お置いた方がよいので、カードケースを入れて放置します。その間に台座をカットして固定します。この台座も壁と天井とを埋めたり飾ったりするモールです。

 

 

問題は、台を固定すると角度を変えてディスプレイできません。もう一工夫する必要がありますね。それと、複雑にすると小学生にできるかどうかも問題になります。

 

 

 

 

 

 

 


ホーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>