拭き漆工房うたせ
拭き漆工房うたせについて

金継ぎ

2015年12月18日 | 工房日記 | Comment(0)

2015/12/18

 

夕べの雷雨の後遺症でしょうかね?スッキリくっきりの朝日が飛び込んできています。

 

IMG_4276IMG_4278 IMG_4280

 

習志野港から船橋港にかけて、なんやらきな臭い雲が漂っていますが何でしょ?

 

IMG_4282 IMG_4283 IMG_4284

 

朝から、ホットドッグ定食です。

 

IMG_4287

 

 

頼まれ物の「金継ぎ」をします。修理するものは、輪島の漆器屋さんが塗ったお猪口です。

 

IMG_4289IMG_4290 IMG_4292

 

綺麗に欠けているのでなんとか一発で決められそうです。

 

IMG_4293 IMG_4294 IMG_4296

 

糊漆を作ります。大量にある場合は上新粉から始めますが、少量の場合は、ご飯粒を練ってつくります。ホットカーペットにガラス定盤をひいて温めながら作業をすすめます。

 

IMG_4300IMG_4297 IMG_4299

 

次にとの粉を取り出して、ほんの少量のサビを作ります。

 

IMG_4301 IMG_4302 IMG_4304

 

こうした素材を作っている間には、お猪口を温めておきます。使う漆は金継ぎ加工用の生漆。

 

IMG_4306 IMG_4307 IMG_4308

 

まず、漆*糊=1:1の物を作って、そこに錆びを混ぜます。

 

IMG_4309 IMG_4311 IMG_4312

 

切り欠き部分に錆び漆を摺り込んで欠片をくっつけて行きます

 

IMG_4313 IMG_4314 IMG_4315

 

漆の跳ね返りを掃除して一番温かい場所へ安置します。これで1~2週間様子を見ます。

 

IMG_4316 IMG_4317 IMG_4318

 

糊り付け漆なので湿気はいりません。特等席でおとなしくしているんだよ!!

 

IMG_4319


ホーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>