拭き漆工房うたせ
拭き漆工房うたせについて

進化する手塗り

2014年03月14日 | 工房日記 | Comment(0)

2014/03/14

 

昨日の乾燥室と乾燥箱の仕掛けは、バッチリ。温度よし!湿度よし! Very Good!!

 

IMG_3713IMG_3714 IMG_3715

 

作業台の上に取り出して、一品ずつ記念撮影(ギャラリーUP用)です。

 

IMG_3716

 

IMG_3735IMG_3738

IMG_3737IMG_3739

IMG_3740IMG_3741

IMG_3742IMG_3743

 

乾燥箱の予備軍も健康そうに仕上がっていました。ACM金土クラブの受付当番をしながら、3M

Fine で毛羽立ちを取ります。

 

 

IMG_3749IMG_3751 IMG_3752

 

当番が明けたので、午後3時から上塗りに入ります。ここで、今日はタンポを使わないことにしました。筆でポツリポツリと漆を置いて、指で塗り広げます。

 

IMG_3753IMG_3754 IMG_3755

 

少々大きなものは手のひらを使って塗り広げ、相変わらず、余分な漆を次の木地に移します。

 

IMG_3759IMG_3760

小物類、特に凹凸のある小鉢・小皿はこの塗り方の方が手早く確実に進みます。いつもの半分くらいの時間で塗り終わり。でも、この方法は漆との距離が近いので、手袋を二重にしていたにもかかわらず漆カブレがでてしまいました。(手の甲の赤みがそれ!)

 

IMG_3761IMG_3762

 

漆カブレには対処の方法がありません。むずかるように痒いけど、2~3日、ガマンガマン。この作品が乾いたら錆び付けなので、材料を作っておきます。

 

IMG_3764IMG_3765 IMG_3766

 

明日のワークショップの準備をして今日の作業はオシマイ。

 

IMG_3767IMG_3768 IMG_3769

 


ホーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>